スペイン語の発音を習得

MENU

効果的なスペイン語の習得方法とは?

スペイン語の独学には、スペイン語に翻訳されている日本の小説を教材にするのがおすすめです。

 

スペイン語の発音は、ローマ字の発音と同じです。
文字も、小学校で習うローマ字です。
数少ない例外さえ覚えれば、改めて勉強する必要はありません。
スペイン語に翻訳されている好きな小説を、辞書を引きながら読んでみましょう。
順番が変わっても、意味が通じやすいので、文法よりも単語を中心に覚えるといいでしょう。

 

性別や人称によって、語尾や活用が変わります。
教材に選ぶ小説は、主人公になる人物の性別や特徴が違うものを複数使うと面白いです。
時間によっても活用が変わり、勉強ですべてを覚えるのは至難のわざです。
タイムトラベルがテーマになっている映画で、スペイン語に翻訳されているものもおすすめの教材です。
日本人がスペイン語の発音で苦労するのは、巻き舌です。
るを、ものすごい早口で、腹式呼吸を使って連続で言うのを繰り返すのが、日本人向きの練習法です。

 

スペイン語は、状況によっても活用が変わります。
ストーリー展開のある小説や映画で、楽しみながら文法や発音を学びましょう。
独学でスペイン語を勉強する人にとって、映画は良い学習材料になります。
分からない部分は、スペイン人の友人や先生に質問するのがいいでしょう。
もし、スペイン人の友人や知人がいなくても、いまは低料金のオンラインレッスンがあるので、上手く活用すれば独学での学習でも心強いですね。

 

スペイン語の独学に向いている教材