ミャンマーのホテル

MENU

ヤンゴンのホテルは割高なのか?

最近になって、注目されている都市といえば、ミャンマーにあるヤンゴンではないでしょうか。軍事政権から民主化され、テレビのニュースや新聞でも話題になったのは記憶に新しいのではないでしょうか。ヤンゴンは外資が流入して、急速に発展しているのです。そのため、ヤンゴンのホテルは以前よりもかなり値段が上がりました。タイのバンコクにあるホテルと比べても割高感があります。シャングリラホテルやイーストホテルなどヤンゴン市内中心部にあるホテルは人気です。サクラタワーという日系企業のオフィスが入っているビルの近くです。

 

ヤンゴンJF(ジョイナーフィー)無料ホテル

 

2017年現在では、ヤンゴン市内のホテル価格は上昇が止まり、値段がこなれてきた感じがあります。しかし、値段の割りに内装やサービスがイマイチということも多いです。ヤンゴンのホテルのなかで、おすすめはニューヤンゴンホテルでしょうか。内装は新しいのでコスパがよいと思います。有名ブロガーの方が中心部から少し離れているMGMホテルを紹介したことで、日本人の宿泊客が増えたと聞きました。MGMホテルは建物が古く、立地もよくないので、あまりお勧めではありません。シャングリラホテルは立地もいいですし、ネットが速いホテルとして有名ですが、宿泊料が高いのはネックです。